2017年03月28日

ローソン無人会計実験「誤作動はほぼゼロ」でも電子タグをどうやって全商品に取り付けるかなど過大山積

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/09(木) 19:01:52.21 ID:CAP_USER.net

 ローソンとパナソニックは2月14日、電子タグを使った精算システムを公開した。お客には待ち時間が減る、
店にも店員の負担を軽くできるなどの利点がある。ただ電子タグをどうやって全商品に取り付けるのかなど、実現に向けては課題も山積みだ。

 RFID――。アルファベット語やカタカナ語であふれかえる産業界に、また新顔が加わることになりそうだ。
読みかたはアールエフ・アイディー。Radio Frequency IDentificationの頭文字をとった略語で、
電子タグに記録された情報を無線で検知することで、それぞれの商品を判別する仕組みのことを指す。

 このRFIDを活用した精算システムの導入に向け、ローソンが動き始めた。パナソニックと共同でシステムを開発し、
「ローソン パナソニック前店」(大阪府守口市)で2月6日に実証実験を開始。報道陣に14日公開した。
ファーストリテイリング傘下の「ジーユー」などアパレル業界では導入が始まっているが、
コンビニのように食品や日用品を取り扱う小売り企業での取り組みは珍しい。

 最大の特徴は、カゴに入っている商品なら複数でも一括認識できる点だ。

 お昼にローソンに立ち寄ったとする。カップ麺1個に板チョコ1枚、缶コーヒー1本……などと組み合わせて買う場合、
従来はレジで店員がすべての商品のバーコードをそれぞれ読み取っていた。

 RFIDを使えば、カゴに入った商品を専用の装置に入れるだけで、ものの数秒でスキャンが完了する。スキャナーと
商品を一つずつ接触させる必要はない。お客は画面に表示された購入品目の一覧を確認し、あとは現金でもクレジットカードでも、
好きな方法で支払うだけ。ローソンとパナソニックは自動袋詰め装置の開発も進めており、
お客が精算にあたって手を動かすのは「装置にカゴを置く」「画面を操作して支払う」「ビニール袋を手に取る」という3回だけだ。
 カギを握るのが、手のひらに乗るほどの小さなステッカーだ。これがいわゆる電子タグ。
商品ごとに価格などの個別情報が書き込まれており、読み取り装置に入れると多方向から電磁波をあて、データをやりとりする。

「誤作動はほぼゼロ」
 万が一タグが重なっていても正確に代金を請求できるよう、読み取り装置のなかでは「秘密の微調整」
(パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社技術本部の足立秀人・ロボティクス開発室長)を施している。
詳細は明かせないというが、人間であればカゴの底をトントンと叩くようなイメージでタグの位置をうまくずらし、読み取りやすくしている模様だ。
「誤作動はほぼゼロというレベルに達している」。足立室長は胸を張る。

タグは一部に金属を使っているため、電子レンジであたためることが想定される弁当や総菜には現時点で対応していない。
それでも店内にある約3000種類の商品のうち、2500種類前後はRFIDでの支払いができるようにした。
 「小売り業の現場では人手不足が深刻。RFIDの活用は、その解決策の一つになりうる」。ローソンの竹増貞信社長はかねてそう語ってきた。
 RFIDが生きるのは会計時だけではない。検品や棚卸し作業の際の在庫管理に使えば、従業員の負担がぐっと減る。目視によるミスも防げる。
手に取って商品を確認する必要がないので、落として破損するようなリスクも低減できる。
 パナソニックの足立室長は「日本のコンビニ業界が全面採用すれば、年間1000億枚の電子タグを使うことになる」と話す。
「(少子高齢化による)人手不足においては、日本は世界の先をゆく。日本で成功すれば、世界規模で広がる」と期待する。


問題は、電子タグを全商品に取り付けることの実現可能性だ。

(続きはサイトで)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/090200078/022400101/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/090200078/022400101/1-2.JPG?__scale=w:500,h:318&_sh=09e02a0500


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月27日

残業の上限規制に「休日労働」は含まれず!日本政府「残業上限に休日労働を上乗せするのは確かに可能」

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 08:02:32.13 0.net

 政府が導入を目指す「残業時間の上限規制」で、「720時間(月平均60時間)」と定めた年間の上限に「抜け穴」があることがわかった。休日に出勤して働く時間が上限の範囲外とされていて、「休日労働」の時間を合わせれば、年に960時間まで働かせられる制度設計になっていた。

 残業時間の上限規制は、安倍政権が進める働き方改革の最重要テーマ。「過労死ゼロ」を目指して労働基準法に上限を明記し、「抜け穴」をつぶすことが改革の狙いだが、「休日労働」が年間の上限の例外になっていることで、規制の実効性に対する信頼は揺らぎかねない。

 労基法は原則として週1日の休日を義務づけている。政府と経団連、連合が合意して17日の働き方改革実現会議で提案された新たな規制案では、この「法定休日」(ふつうは日曜)を除く日の時間外労働(残業)だけが上限の範囲とされている。法定休日に出勤して働いた時間とあわせれば、過労死ラインぎりぎりの「月80時間」の時間外労働を12カ月続けることが可能な制度設計になっている。

 政府の担当者は「年720時間の上限に、休日労働を上乗せすることは理論上可能」と認めた。一方、休日労働をさせるには労使協定を結び、35%以上の割増賃金を支払う必要があるため、「実態として(企業には)できない」と説明する。だが、労働問題に詳しい菅俊治弁護士は「休日労働について議論がされておらず、真の意味での上限規制になっていない」と指摘する。

http://www.asahi.com/articles/ASK3K5JQTK3KULFA02D.html?iref=sptop_8_01


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | ブラック企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍総理が直々に「残業は月100時間未満」と決定し経団連と連合に要請

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 23:01:24.12 0.net

安倍晋三首相は13日午後、経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長と首相官邸で会談し、政府が導入を目指す残業時間の上限規制をめぐり、繁忙期に例外として認める残業を「月100時間未満」とするよう要請した。

 経団連は「100時間以下」、連合は「100時間未満」で譲らず、首相に判断を仰いだ形。経団連は要請を受け入れる見通し。労使交渉で最大の焦点だった残業の月間上限は首相裁定で決着した。

 両会長は首相との会談に先立ち、上限規制に関する合意文書を作成。繁忙期の月間上限は「100時間を基準値とする」とし、「以下」や「未満」を含む玉虫色の表現にとどめた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000093-jij-pol


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | ブラック企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月24日

【悲報】シャープ台湾人社長「日本はすでに先進国とは言えない。2020年には一番遅れた国になっている」

1: 47の素敵な(pc?)@\(^o^)/(5級) 2017/03/15(水) 22:29:01.13 .net

Q 半年間、シャープを観察し、業績不振の原因はどこにあったと分析するか。

 戴社長 昨年の2月24日に発覚した3600億円の偶発債務問題が象徴的だが、ガバナンスが効いていなかった。
中国で乱発したリベートなどが原因だが、きちんとガバナンスが効いていればあんなことは起きない。

 太陽光パネル事業ではものすごく高い値段で材料の購入を決めていた。150億円の投資に専務のサイン一つで実行できた。
喩えて言えば昔のシャープは社長が液晶パネルの工場を建て、副社長が太陽光パネルの向上を建てる。
社長と副社長は仲が悪いから、(配電や排水処理など)ユーティリティーを共用しない。
液晶パネルと太陽光パネルは工程が似ているから、多くのユーティリティーを共有できるにもかかわらずだ。

 今のシャープでこういうことは起きない。300万円から社長の私が決済しているからだ。
この半年で2000件の決済をした。業績が悪く、部門間の横展開がなかったため
(部品、装置、材料メーカーなどの)ベンダーとの間で不平等な契約を結ばされているケースもあった。ホンハイの購買力を使えばもっと有利な契約に変えられる。

 コスト意識も低かったと言わざるを得ない。この工場(堺工場)の中では社員がエスカレーターに乗っている。まるで、いま日本に来ているサウジアラビアの王様のようだ。

 Q もう液晶テレビで稼げる時代ではない。これからシャープをどういう会社にしていくのか。

 戴社長 IoTの会社に変える。先週、総務省に呼ばれ「第41回家電メーカー懇親会」という会議に出席した。
ソニーやパナソニックの社長も呼ばれていた。そこで私はパナソニックの津賀(一弘社長)さんに
「この名前は正しいのですか」と訪ねた。自分たちのことを「家電メーカー」と呼んでいるのはおかしいと思う。

 家電は家に帰ってスイッチを入れないと動かないが、IoTは利用者がオフィスから動かせる。
「もうすぐ故障するからパーツを替えましょう」という提案もできる。今、IoTの最先端は中国にある。
だからシャープは深セン*に研究・開発センターを設立した。富士康(フォックスコン=ホンハイの中国製造部門)の工場も目と鼻の先にある。

 ITの使い方において、日本はすでに先進国とは言えない。2020年にはIoTで一番遅れた国になっているかもしれない。
だから総務省も頭を痛めている。シャープはホンハイと力を合わせ、グローバルなIoT企業になる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00051223-gendaibiz-bus_all&p=2
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーランスに失業保険 政府・損保が創設 1000万人対象に

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/14(火) 09:23:31.93 ID:CAP_USER.net

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF13H17_T10C17A3EA1000/

政府は特定企業に属さずに働くフリーランスを支援するため、失業や出産の際に所得補償を受け取れる
団体保険の創設を提言する。損害保険大手と商品を設計し、来年度から民間で発売してもらう。
政府は契約ルールを明確にしたガイドライン作成を企業に求めるほか、教育機会の拡充も検討。
介護や子育てを理由に自宅で働く人も増えており、若年層や女性の多様な働き方を支える。

 フリーランスは、複数の企業と特定業務で契約したり、…


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Up