2017年10月12日

「働く貧困層」、安倍政権下で急増。4年連続1100万人超

1: ノチラ ★ 2017/10/03(火) 09:22:46.85 ID:CAP_USER.net

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-30/2017093002_03_1.jpg
国税庁が28日発表した2016年分の民間給与実態統計調査によると、1年を通して働いても年収が200万円以下のワーキングプア(働く貧困層)は1132・3万人と前年の1130・8万人から1・5万人増加しました。ワーキングプアが1100万人を超えるのは4年連続です。一方、2500万円超(区分最上位)の給与所得者は2年連続で増加し、16年分では12万人となりました。格差拡大が顕著です。

 第2次安倍晋三政権が発足した12年末以降、貧困層が急増しました。とりわけ賃金水準が低い非正規雇用の増加が、貧困層の増加に拍車をかけています。

 平均年収を雇用形態別にみると、正規雇用の486万9000円に対し、非正規雇用は172万1000円でした。その差は314万8000円で4年連続で格差が拡大しています。

 性別でみると男性の521万1000円に対し、女性は279万7000円と53・7%の額にとどまりました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-30/2017093002_03_1.html


2: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:25:39.91 ID:0IPTobKw.net

そら段階があるだろ
民主党政権下では、そもそも就職先がなかったんだからな

そこからまず「働く貧困層」ができて、それを成長させて働く中間層が増えていくようにすればいいわけでな
まだまだ道半ば


3: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:27:09.09 ID:Y47yyvhN.net

これから益々増えるだろ、しかも正社員貧困層、それが安倍自民党の進める働き方改革、
非正規を減らして馘首し易い正社員に転換する。

富裕層を作るには、富裕層より三桁多い貧困層を作る事が必要になる。


7: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:32:39.38 ID:ntN2aJXN.net

就業者数が増えてないんだよ
経済が拡大してるのではなく
団塊が抜け始めたから
新卒を取り始めたんだ
需要が伸びて就業者数が増えてるのは
医療、介護分野だけ


9: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:33:21.08 ID:RyfUcmWt.net

まずは就職・転職市場が活況な点を評価するべき。
職がなければ昇給とかそういう問題ではないわけで。


10: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:33:33.77 ID:/JuMSc/Z.net

これからウナギ登りだよ


11: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:33:41.47 ID:iZ8dBYEK.net

よくわからんのだが非正規で170万ってなによ?
アルバイトがんばれば200万ぐらいいくんじゃない・・・


13: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:34:56.65 ID:40DRKIzg.net

雇う側も研究が必要と最近感じるわ


15: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:35:47.28 ID:54Mg/prK.net

格差は開いてるので低年金など貧困は増加する

グローバル化やってる限り経済は好転しない


16: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:36:47.52 ID:ntN2aJXN.net

お前らの言い分なら
増税すれば景気がよくなるになるんだぞ
よく考えろ
朝日新聞でも読んでるのか
ありえないだろ


19: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:40:54.28 ID:es9iWGor.net

この経済状態で消費税増税したらどうなるかもう分かるよね?


20: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 09:42:28.13 ID:kmp1s0j1.net

こんだけ雇用状況改善してきてるのに
ワーキングプアが増えてるって言うけど、その前は仕事自体ありつけない
だだのプアだったのが仕事にありつけたからワーキングプアになれたんじゃ無いのか


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506990166/
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Up